反ワクチン運動基金

「反ワクチン運動」寄付のお願いDonation

反ワクチン運動基金 代表 木原功仁哉

反ワクチン運動基金代表 弁護士 木原功仁哉(きはらくにや)

反ワクチン運動基金代表 弁護士 木原功仁哉(きはらくにや)

拝啓 盛夏の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

当職は、武漢ウイルス(新型コロナウイルス)ワクチン接種による被害の発生を未然に防ぐため、「反ワクチン運動」に取り組んでいる弁護士です。

現在、国は、武漢ウイルス感染症対策と称してワクチン接種事業に総力を挙げて推進しております。しかし、武漢ウイルスワクチンの安全性については何ら証明がなされておらず、かえってその危険性を示す客観的データが数多く存在するところです。現に、厚生労働省が本年7月21日に開催した審議会の資料によりますと、ワクチン接種後に751人が亡くなったことが判明しております。武漢ウイルスワクチンは、史上最悪の薬害事件になることが確実な情勢です。

このため、従前からこの運動に取り組んでこられた免疫学の医学者、医師及び地方議会議員で構成される原告団は、ワクチン被害が日に日に拡大している状況を一刻も早く食い止めるため、国を相手取って、本日付けで東京地方裁判所に対し、ワクチン特例承認取消やPCR検査中止等を求める行政訴訟を提起しました。当職は、同訴訟の弁護団(2名)のうちの一名となっております。

この訴訟は、拡大しつつあるワクチン被害から国民を守ることを目的とした「国民代表訴訟」としての戦いであるため、多くの方のご参加及びご支援が必要です。また、この訴訟を皮切りに、反ワクチン運動を全国規模で広げていくことを予定しており、忌憚なく申し上げますと、この運動を遂行するにあたっては、訴訟活動費(立証・反証活動の費用、交通費、印刷費、弁護士費用等)及び運動費(宣伝・講演活動費等)として、合計で1000万円以上の資金が必要と見込まれます。

つきましては、本運動にご理解いただける方は、本会(反ワクチン運動基金)の賛助会員になっていただいた上で、寄付にご協力くださいますようお願い申し上げます。入会にあたっては、別紙賛助会員申込書にご記入の上、下記連絡先宛てに郵送、FAX又はメールにてご提出ください。寄付は一口1,000円で、口数に上限はありませんが、5口以上の寄付をお願いしたいと存じますので、下記口座にお振り込みください。

訴訟の経過報告、並びに賛助会員の人数及び寄付の状況は、当職の法律事務所のホームページ(https://kihara-law.jp)等にて随時お知らせする予定です(したがって、メール等による個別のお問合せには応じかねますので、予めご了承ください。)。

なお、本会の活動後に余剰が発生した場合は、本会と同様に、武漢ウイルスワクチンによる被害の防止及び救済のために尽力している活動のために活用させていただきますので、ご了承ください。

ワクチン被害の防止と救済のため、最後まで戦い抜く覚悟ですので、格別のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。


敬具


反ワクチン運動基金代表
反ワクチン運動基金代表 弁護士 木原功仁哉(きはらくにや)

反ワクチン運動基金代表
反ワクチン運動基金代表 弁護士 木原功仁哉(きはらくにや)

連絡先及び振込先口座のご案内

連 絡 先

〒 530-0047 大阪市北区西天満3-10-3 ARK西天満ビル4階 木原功仁哉法律事務所内 反ワクチン運動基金担当
TEL: 06-6809-2562 / FAX: 06-6809-2563 / E-mail: info@hanwakukikin.jp

振込先口座

みなと銀行(銀行番号 0562) 本店営業部(店番 011)普通 1993061 反ワクチン運動基金 代表 木原功仁哉(キハラクニヤ)


賛助会員申込書

お申込み方法

会則をお読みいただき、申込書を下記よりダウンロードをお願いします。

賛助会員申込書

申込書がダウンロードが出来ない場合

申込書がダウンロードできない、印刷が出来ない等の場合は、メールをご利用ください。
メールでのお申込みの場合は、会則をお読みいただき、下記の項目をメール本文に貼り付け
  info@hanwakukikin.jp 宛てに送信してくださいますようお願いします。


○お申込み日:令和  年  月  日
○氏名・団体名:
○氏名・団体名フリガナ:
○団体名:
○郵便番号:
○住所:
○電話番号:
○メールアドレス:
○寄付金の口数:
○寄付金の合計額(口数×1,000円):